交通事故による腰椎捻挫の施術なら札幌市のTKM整骨院

2019/03/31 脊椎(頸・腰) 脊椎(頸・腰) 脊椎(頸・腰) 脊椎(頸・腰) 脊椎(頸・腰)
ロゴ

不運にも交通事故に遭い身体に痛みが生じたら、整形外科へ行きレントゲンを撮り骨に問題がない場合、腰部であれば腰椎捻挫、頚部であれば頚椎捻挫と診断されます。

骨に異常がなく痛みがあるのは、筋肉に異常があるからです。筋肉の異常の多くは、筋肉の過緊張による痛みであり、筋力の強弱により痛みの程度に相違が生じます。元々筋力が弱い方は、筋肉に大きなダメージを被るため痛みが強く生じて、回復にも時間を要することになります。

 

筋肉の過緊張に対する施術は、経験上痛みのない範囲で過緊張を起こしている筋肉の運動が最も回復を早め効果的だと考えています。過緊張が生じることにより、筋肉の収縮・伸張の動きが悪くなるので、痛みが生じることになるのです。

マッサージは、揉み方によっては揉み返しが起きることもあり、揉み過ぎによって返って不安定性を招くこともあるので、決して私は行いません。

 

痛みの持続により筋力低下が起こりやすいので、努めて早期に痛みの軽減・消失を図る必要があります。

筋肉が原因の痛みの場合、後遺認定を受けることはまずあり得ません。その場合は、施術方法に問題があると考えます。

 

交通事故により腰痛のある方、治療を受けているが痛みの変化が少ない方等お困りの方は、札幌市のTKM整骨院へお越しください。