膝痛でお困りの方は札幌市のTKM整骨院へ

2019/03/21 下肢(股関節・膝関節・足関節) 下肢(股関節・膝関節・足関節) 下肢(股関節・膝関節・足関節) 下肢(股関節・膝関節・足関節) 下肢(股関節・膝関節・足関節)
ロゴ

70歳代女性が膝痛を訴えて来院されました。

患者様の話では、数年前に整形外科でヒアルロン酸の注射を5回射ったが痛みが取れずそのまま放置。膝周りの筋力をつける必要があるという知識を得たので、毎日1時間歩くようにしていた。また、最近の膝痛は階段昇降時にあると言われていました。

 

整形外科でのヒアルロン酸の注射による効果は、急性期(痛みが生じて1週間以内)の場合は痛みが取れる可能性が大ですが、慢性期(痛みが生じて2週間以上)の場合は難しいと思います。

膝痛の多くは、大腿部の筋力の弱化により、膝関節に負担がかかり痛みが生じる場合が多いので、大腿部の筋力を向上することが最も重要です。

筋力の付け方については、非荷重位より荷重位の方が効果的ですが、荷重位で痛みが生じるのであれば、非荷重位で行う必要があります。

歩くことにより大腿部の筋力が向上するとは限りません。(勘違いされている方が多い)

 

当院では、痛みに応じて段階的に負荷を増加させて、痛みの軽減・消失を図っていますが、関節の変形状態により必ずしも痛みが消失するとは限りません。また、筋力の向上にも個人差があるので、どのくらいの期間で痛みが消失するとも言えません。

 

膝痛でお困りの方は、札幌市のTKM整骨院へお越しください。