腰痛を改善したいと思いませんか?TKM整骨院

2022/01/24

慢性的に続く腰の痛みや時々生じるギックリ腰等不安な生活を我慢していませんか?

厚生労働省による性別の有訴者率の上位の症状では、男性1位「腰痛」、2位「肩こり」、女性1位「肩こり」、2位「腰痛」となっており、全国的に腰痛を訴えている方が非常に多いことが分かります。

また、腰痛の約85%は原因不明と言われており治療方法が分からないので、腰痛で苦労している方が多いということになります。

当院の施術により腰痛が生じない生活を目指しましょう!

 

◎何故「原因不明」となるのでしょうか?

整形外科においては、①レントゲン検査で骨の異常の有無、②MRI検査で関節や靭帯の異常の有無を確認します。腰痛に関わる筋肉の状態、特に筋力を診る検査は行われていません。よって原因不明と言わざるを得なくなり、湿布と痛み止めの薬が処方されるため、痛みが取れないのです。

「原因不明」の多くは、筋性が原因の痛みであり、腰部を保護する筋力が弱いので、腰痛が生じ、ぎっくり腰を反復することになるのです。

その腰部を保護する筋力とは

  • 腰椎周囲の筋力
  • 背部の筋力
  • 殿部の筋力

です。

当院では、その原因不明を見極めて、その原因に対してアプローチして、痛みを改善するとともに痛みが生じにくい身体になるように施術を行っています。よって、整形外科や他整骨院等で治療を受けていたが良くならない方が来院されて、痛みが取れるようになるのです。 

辛い腰痛を一緒に改善する努力をしましょう!

 

◎筋肉の特性を理解することが腰痛改善の一歩です!

 ※自分の身体を知り、自分で痛みを改善できるようにすることです。

✓筋力が弱いと固くなりやすくなり収縮・伸張の動きが悪くなるので痛みが生じる可能性がある。また、固くなっている筋肉を収縮させると固さが解れる。(例:筋性による可動域制限)

✓筋力が弱いと、その部分に痛みが生じる可能性がある。また隣接する部分にも痛みが生じる可能性がある。(例:殿部の筋力が弱いと股関節外側に痛みが生じる場合がある)

✓筋肉は気温に左右され、寒くなると固くなりやすい。筋力が弱い方ほどその影響が大である。

 筋肉が固くなるとその下を通っている血管やリンパ管が圧迫されて、循環が悪くなり冷えとなる。(例:冷え症やクーラー病の原因です)

✓痛みがあることにより筋力が低下する。(痛みが生じたら早期受診・早期治療に心がけた方が良いです。長期にわたると筋力を回復することに時間を要することになります。)

 

◎腰痛と腰ベルトについて

 腰ベルト(コルセット)は筋肉の代わりをしてくれる物なので、装着すると痛みの軽減につながることが多いです。だからと言って、装着したままにしていると、その下にある筋肉が自分で働こうとしなくなるので、必要最小限の時間の装着に心がけてください。必要最小限というのは、腰に負担がかかることをする時のみ装着してください。

 

◎腰痛とストレッチについて

 筋性の腰痛の場合は、筋肉が固くなっての痛みなので、その固い部分をストレッチにより解れ痛みが軽減することがあります。しかし、腰痛があるからストレッチで必ず痛みが取れるわけではありません。一時的な軽減にしか過ぎず、根本的な改善にならないということを認識してください。

 

◎腰痛と寝具について

 朝起きた時に身体の痛みを感じませんか?睡眠はその日の疲れを取ってくれるものなので、起きた時に身体がスッキリしていないと睡眠をとった意味がありません。身体に痛みがある場合は、寝具に問題があることが考えられます。首周囲の痛みであれば「枕」が、腰部の痛みであれば「マットレスや敷布団」が不適切である可能性があります。

 「マットレスや敷布団」は座ってもお尻が沈まないくらい固い物を使用しましょう。

 

◎痛みを我慢・放置せずに、早めの受診を勧めます!

 痛みがあることにより、徐々に筋力が低下する可能性があります。よって、長い時間痛みがあると回復に時間を要することになるので、放置せずに早期受診・治療を奨励します。

 

◎当院の施術について

 痛みに関係する身体の状態(関節の可動域と安定性及び筋肉の状態・筋力の強弱)を評価して、痛みが生じない運動方法を選択して行っています。決して、電気機器やマッサージに依るものではなく、自ら実施できる運動を行うので、ホームプログラムとしても利用できる。