80代女性膝外側の痛み|札幌市北区のTKM整骨院

2021/06/23

80代女性膝外側の痛みを訴えて来院

 

<経緯>

 知らず知らずのうちに痛みが生じた。

 

<痛み>

 立ち上がり時に膝外側に痛みあり

 

<身体状況>

 ①grasping test陽性

 ②殿筋の弱化あり

 ③足関節不安定性あり

 

<施術>

 殿筋エクササイズ

 

<所見>

 本症例は、腸脛靭帯が固くなり膝の曲げ・伸ばしに支障をきたし、立ち上がり時に痛みが生じたケースです。場合によっては、歩行時に痛みを生じることもあります。

 腸脛靭帯が固くなった原因は、殿筋の弱化により股関節の外側に負担がかかり、外側にある大腿筋膜張筋が固くなり、下方に広がったものである。

 施術において、大腿外側や膝外側をストレッチすることにより、一時的に固さが解れるが時間経過とともに元に戻る。主原因である殿筋の弱化が変わっていないためである。

 殿筋のエクササイズにより、立ち上がりによる痛みは改善しました。それを継続することにより、同様な痛みが生じにくい身体になります。 

 

膝外側の痛みにお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院にお気軽にご相談ください。