転倒に伴う腰痛なら札幌市北区のTKM整骨院

2021/04/08

20代男性が腰痛を訴えて来院

 

<経緯>

 道路で転んで尻もちをつき、腰痛が生じた。

 それ以前から腰に軽い痛みが生じていた。

 

<痛み>

 ①立位前屈・後屈で腰痛あり

 ②立ち上がりで腰痛あり

 

<身体状況>

 ①肩甲骨周囲筋の弱化あり → 低い枕を使用していることが原因の可能性あり

 ②背部から腰部の筋肉が固くなっており収縮不全あり

 

<施術>

 固くなっている筋肉=弱化している筋肉を収縮させる運動 → 痛み軽減

 

<所見>
筋肉は、筋力が弱化していると使用に伴い疲労しやすい=固くなりやすい。

また、筋肉が固くなると、収縮や伸張の動きが悪くなり、痛みが生じやすくなる。

よって、筋力を向上することにより、疲労しづらくなる=固くなりづらくなる。

 肩甲骨周囲筋の弱化により背部に負担がかかり、背部の筋肉が固くなりやすくなる。

それにより、脊柱起立筋の影響により腰痛も生じやすくなる。

よって、肩甲骨周囲筋を向上することにより背部の筋肉への負担が軽減することになり、腰痛の改善にもつながる。

 

腰痛でお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院に何でもお気軽にご相談ください。