腰痛症例|根本施術|札幌市北区のTKM整骨院

2021/02/24
ロゴ

20代男性が腰痛で来院

 

<経緯>

 自宅にて前屈をしたら腰痛が生じた

 

<痛み>

 ①体幹の前屈・後屈で腰痛あり

 ②立ち上がりで腰痛あり

 

<身体状況>

 肩甲骨周囲筋の弱化あり ⇒ 低反発枕を使用

 

<施術>

 弱化している筋肉の運動 ⇒ 腰痛が軽減

 

<所見>
肩甲骨周囲筋が弱化している方が腰痛を生じて来院されるケースが多いです。

 骨性の原因を除いて腰痛の原因として考えられるのは、①背部(肩甲骨周囲筋)の筋力、②腰椎周囲の筋力、③殿部の筋力、が弱い場合に、腰部に負担がかかり痛みが生じることになります。また、腰痛の繰り返しやぎっくり腰のような強い痛みが生じることもあり得ます。

 患者さんの肩甲骨周囲筋の筋力に拠りますが、その筋肉をある程度の筋力にするためには、今までの症例からすると相当な時間(半年以上)を要しています。

 そして、肩甲骨周囲筋の弱化が腰椎の前弯を形成していることも考えられます。 

 

腰痛でお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院に何でもお気軽にご相談ください。