大腿部痛なら札幌市北区のTKM整骨院

2020/09/25
ロゴ

20代男性が大腿部痛を訴えて来院

 

<経緯>

 大学でアイスホッケー部に所属し、活動中に徐々に痛みが生じてきた。特にある動作で強い痛みが生じたということはなかった。また、本人がネットで調べて「肉離れ」かな?と言われていた。

 

<痛み>

 ①日常生活では大腿部痛なし

 ②負荷の強いランニングをすると大腿部痛あり

 

<身体状況>

 ①大腿前面筋の柔軟性あり

 ②大腿前面筋の筋力弱化

 

<施術>

 ①痛みのない範囲で大腿前面筋のトレーニング

 ②大腿前面筋のストレッチ

 

<所見>

 「肉離れ」は、筋線維に瞬時に強い伸張作用が働き損傷するもので、必ずある動作で発生し、肉離れが生じるとその後の動きにも支障を来たす。

 間違えやすいのが、筋硬結により痛みが生じる場合で、一部の筋線維か筋束が固くなり、痛みが生じるものです。その原因は、その筋肉の弱化で、筋力が弱いため負担がかかりすぎて固くなるものです。また股関節周囲筋のアンバランスも関与する場合があります。

 

大腿部痛でお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院に何でもお気軽にご相談ください。