腰痛(反り腰)なら札幌市北区のTKM整骨院

2020/09/16 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

10代男性が腰痛を訴えて来院

 

<経緯>

 高校体育の時間のバレーボールにて、飛び込んでレシーブした際に腰痛が生じた。

 

<痛み>

 長時間の座位(授業)で腰痛あり

 

<身体状況>

 ①肩甲骨周囲筋の弱化あり → 柔らかい枕の使用

 ②殿筋の弱化あり

 ③腰椎の前弯(反り腰)あり

 

<施術>

 ①弱化している筋肉のトレーニング

 ②腰椎前弯を改善するためのエクササイズ

 

<所見>

 長時間の座位で腰痛が生じる場合は、腰椎が前弯していることが多い。

 腰椎の前弯とは、骨盤の前傾が過度になっている状態をいい、その状態は腰部に生理的ストレスがかかることになります。そのようになっている方は、背骨(頚椎~腰椎)周辺の筋力が弱いため、上半身を支えるために腰椎を反らすことになると考えます。

 また反り腰(腰椎の前弯)になる方には、ハイヒールを履く女性やお腹が出ている人(太っている)、妊娠されている人に多く、身体のバランスを取るために腰が反っていると考えます。 

 

腰痛(反り腰)でお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院へ何でもお気軽にご相談ください。