ジャンパー膝の施術なら札幌市北区のTKM整骨院

2020/08/13 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

バレーボール女子高生の膝痛(ジャンパー膝)

 

<経緯>

 高校部活(バレーボール)において、レシーブをした際に膝痛が生じた。

 中学時代から膝痛が生じて、整形外科でジャンパー膝と診断された。今年に入ってから市内のスポーツ整形で治療を受けていたが痛みが残存していた。

 

<痛み>

 レシーブで膝を曲げた時痛みあり

 走行時痛みあり

 膝最大屈曲時痛みあり

 

<身体状況>

 膝伸展筋の弱化あり

 

<施術>

 膝ROMエクササイズ

 膝伸展筋の筋力トレーニング

 

<所見>

 ジャンパー膝は、ジャンプ系のスポーツ、つまりバレーボールやバスケットボールをしている方に多く発症している。痛みは、大腿四頭筋腱か膝蓋腱に生じる。

 膝蓋腱の遠位に痛みがある場合は、オスグットシュラッター病と診断される。

大腿四頭筋腱や膝蓋腱に痛みが生じるのは、大腿四頭筋が弱いため、一連の腱に負担がかかり固くなり痛みが生じているものである。よって、大腿四頭筋の筋力向上により、各腱への負担が少なくなるかかからなくなり、腱が固くならなくなり、痛みが生じなくなるものです。

 この種の痛みに対しては、痛みが生じなくなるまで筋力を向上させる必要があり、筋力向上が不十分の場合20代や30代でも痛みが生じる可能性があります。

 

スポーツにおける膝痛でお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院に何でもお気軽にご相談ください。