足関節痛の改善なら札幌市北区のTKM整骨院

2020/07/01 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

小学生男子の足関節痛

 

<経緯>

 コロナウイルスの外出制限によりサッカーの活動が無くて殆ど運動をしていない状態で、サッカーの練習が再開した。その練習中、ラントレをしているときに足関節痛が生じた。

 

<痛み>

 走行により足関節痛あり

 

<身体状況>

 足関節捻挫の既往があり、足関節の不安定性あり

 

<施術>

 足関節安定化のためのトレーニング

 

<所見>

 足関節のトレーニングを若干行うことにより、一時的に関節の安定性を図ることができた。この状態を維持させるためには、継続的なトレーニングが必要となる。

 「走り」を必要とする競技では、足関節の安定が必須となる。不安定性が存在すると、切り替えで足首が捻じれたり、足部の踏ん張りが欠如することもあり得る。

 足関節の捻挫、つまり外側靭帯損傷を患うと、靭帯が伸びたり、数本切れたりするため、関節の不安定性が生じやすくなる。それを機能的に回復するためには、足関節周囲筋を鍛えて、関節の安定性を向上させる必要がある。

 

足関節痛でお困りの方やお悩みの方は、札幌市北区のTKM整骨院にご相談ください。