足関節の不安定性|札幌市北区のTKM整骨院

2020/05/26 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

50代女性が足関節の痛みを訴えて来院

 

<経緯>

 長い時間歩いたら足関節に痛みが生じた

 

<痛み>

 足関節の外側・内側 

 

<身体状況>

 足関節内返しの可動域が顕著に大

 足関節の不安定性 ⇒ 片側立位で足部が不安定

 ※足関節捻挫の既往?

 

<施術>

 足関節安定化のためのトレーニング ⇒ やや足部が安定

 

<所見>

 足関節の安定化のためには関節周囲筋の筋力向上を必要とする。足関節捻挫の既往により靭帯損傷がある場合、構造的には不安定になるので、機能的に安定させるために関節周囲筋のトレーニングを行います。

 足関節の不安定性を放置しておくと、足変形性関節症を患い、足関節内の軟骨等が変形する可能性があります。また、足関節の不安定性は膝関節・股関節・腰部にも影響を及ぼす可能性があるので、足関節周囲に違和感や痛みがある時には放置せずに、早期治療に心がけた方が良いと思います。

 運動をしている方は、「走る」ことが基本の動きになると思うので、足関節を労わるようにしてください。

 

足関節の痛みでお困りの方やお悩みの方は、札幌市北区のTKM整骨院にご相談ください。