肩関節腱板断裂の術後のリハビリなら札幌市北区のTKM整骨院

2020/05/12 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

70代女性が肩関節腱板断裂の術後の痛みを訴えて来院

 

<経過>

 2年前に両肩関節腱板断裂の手術を行い、半年間リハビリを受けたが痛みが取れなく来院

 

<身体状況>

 肩甲骨周囲筋の弱化あり ⇒ 肩甲骨の動き不良 ⇒ 肩関節の可動域制限に関与

 

<生活環境>

 枕は、中央部がやや凹んだ形状で、ウレタン素材を使用

 

<肩関節の状況>

 ①肩関節の可動域:屈曲・外転にてやや制限あり

 ②肩関節の不安定性あり

 

<施術>

 ①肩甲骨周囲筋のトレーニング

 ②肩関節の可動域エクササイズ

 ③肩関節インナーマッスルのトレーニング

 ④そば殻枕の使用をアドバイアス

 

<所見>

 使用している枕は、高さが不適切であり、それにより肩甲骨が不安定になっている可能性があると判断した。

 また、肩甲骨周囲筋のトレーニングを行うことにより、肩関節の可動域がやや改善した。これは、肩甲骨は肩関節の動きに関与しており、肩甲骨周囲筋の運動を行ったことにより肩甲骨の動きが良くなり、可動域が拡大したものである。

 肩関節のインナーマッスルは、肩関節の安定性に関与し、腱板断裂の術後には重要なトレーニングになる。

 

肩関節の術後で痛みが残っている方やお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院にご相談ください。