肩こりの根本施術なら札幌市北区のTKM整骨院

2020/04/24 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

30代女性が肩こりを訴えて来院

 

<経過>

 仕事(デスクワーク)をしていると肩こりが生じ、辛くなると整体やマッサージへ行くが、数日すると元に戻る。

 

<生活環境>

 枕を使用していない

 

<痛み>

 頚部屈曲・伸展で痛みあり

 肩を動かすと痛みあり

 

<身体状況>

 肩甲骨周囲筋の弱化あり

 

<施術>

 弱化している筋肉の運動

 適切な枕(そば殻枕)を推奨(適切な枕について説明)

 

<所見>

 筋肉は、筋力が弱化すると、使われることにより固くなりやすくなり、筋力が弱い方ほど強く生じます。

 また肩こりは、頚部から肩にかけての筋肉が固くなった状態です。その筋肉は頭や腕を保持、姿勢を保持するために使用される筋肉です。よって、普段座っているとき・立っているときに使われている筋肉なので、仕事をしていると徐々に疲労してくることになるのです。

 よって、弱化している筋力を向上することにより、疲労が生じにくくなり、肩こりも改善することになります。

 不適切な枕は、頚椎にストレスがかかります。枕を使用していないと、頚椎のカーブが消失して、ストレートネックになる可能性が大です。気をつけましょう。

 

肩こりでお困りの方・お悩みの方は、札幌市北区のTKM整骨院にご相談ください。