手指の痺れでお困りの方は札幌市北区のTKM整骨院

2020/04/07 ブログ ブログ ブログ ブログ ブログ
ロゴ

40代男性が手指の痺れを訴えて来院

 

<症状>

 心当たりがなく、母指・第1指・第2指の手のひら側先端に痺れがあり、手指を動かすと痺れが気になる

 

<身体状況>

 頚部を動かすが痺れには関係なし

手関節(手首)の不安定性あり(TFCC損傷の疑い)

 

<施術>

 前腕部・上腕部の運動とストレッチ

 

<所見>

 手指に痺れが生じる原因としては、①頚椎で神経が圧迫されて生じる場合、②上腕部・前腕部の筋肉が固くて神経が圧迫されて生じる場合、が考えられる。頚部を動かした際に痺れと関係なしと判断して、上腕部・前腕部の筋肉の固さを解すと痺れがやや改善した。

 TFCC損傷(疑い)により手関節(手首)が不安定になり、肘から手指にかけて痛みや痺れが生じる可能性がある。痛みや痺れの生じた原因に外傷性の原因がない場合、TFCC損傷によるものと考えることができる。

 日常生活において、手関節(手首)は知らず知らずのうちに負担がかかることがあります。それにより、肘から手指に痛みや痺れが生じる可能性があるのです。

 

肘から手指にかけての痛みや痺れでお困りの方は、札幌市北区のTKM整骨院にご相談ください。